スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【1記事小説】本音の伝え方(約1500字)


シャワーを終えた女性が、けたたましい音を響かせてリビングのドアを閉めた。


「最低!女の子の体重計覗こうだなんて、デリカシーのない男!」
「まだ怒ってるのかよ。別にいいじゃん。付き合ってるんだしさ。美保って細すぎだから心配で。」
「そんなわけないでしょ。私より痩せてて可愛い子、いっぱいいるもん。」
「まさか、それ以上痩せたいとか思ってる?」
「もちろん。あと、5キロは普通に落としたいかな。」
「マジかよ、やめてくれよ。」
「浩二がそう言っても、世の中は細い女の子がモテる時代なんですぅ。
 もっと痩せて可愛くなったら他の男の子からチヤホヤされちゃうかもね。」


そう言って今日も狭いワンルームの中、彼女は雑誌を広げてツボ押しと体操を始める。
お気に入りのファッション雑誌を定期購読している美保は、痩せることへの執着が強かった。

小さな顔、細い身体、棒のような太もも。
抱きしめた感触に以前の柔らかさは全くなく、硬い骨ばかりが当たってくる。
同棲している浩二はそのことを悲しく思い、また心配していた。


(雑誌に洗脳されすぎって言っても怒るしな…)


体型や体重を話題にするだけで、美保は怒る。
私は必死に努力して可愛くなろうとしてるのに、と泣かれたこともある。
健気で可愛いと思う反面、今より痩せてしまったらどうしようと浩二は不安だった。


「美保。お前、アンケートって好きだろ?」
「なに突然。」
「最近、面白くて見るようになったWebサイトなんだけどさ。
 知りたいことが多数派なのか少数派なのか質問できるんだ。」
「ふーん。」


ノートパソコンの電源を入れながら、浩二は背後の美保に興味をもってもらおうと言葉を続ける。


「たとえば銭湯へ行ったら牛乳派かコーヒー牛乳派か?とか、和菓子派か洋菓子派か?とか。」
「すごくどうでもいい。」
「う…。まぁ他にもあってさ。馬鹿な質問だと、おっぱい派かお尻派か?とかもあるんだよ。」
「浩二はどっちに入れたわけ?」
「え?!あ、おれはアンケートには参加してないよ。けど結果は見られるようになってる。
ほら、世の中の男達がどっち派か気になるだろ。見てみろって。」


おっぱい派に投票したことを隠して、浩二は美保にノートパソコンを差し出す。
雑誌の上にそれを置かれてしまい、一瞬嫌な顔をした彼女だったが、
ディスプレイに映し出された「投票の多い質問」カテゴリで視線が止まった。


男性に質問!女性の体形はどっちが好き?
細身の体形 VS 少しぽっちゃりの体形



「何これ。雑誌のアンケートと同じ内容じゃん。」
「お、偶然もあるもんだな。雑誌の結果はどうだった?」
「大体、半々だったけど細身のほうが少し多かったかな。」
「同じ結果かどうか、見てみ。」


浩二はニヤニヤしそうな顔を我慢して、美保がタッチパッドに指を滑らせるのを見守った。

無言のまま首をひねる美保。
徐々に眉間に皺がよってきて、何かを思い出すように空中に視線を泳がせる。
浩二に視線を移すと何かを言おうと口を開いたが、彼が先にまくし立てた。


「こういうのって手軽でいいよな。雑誌よりネットのアンケートのほうが簡単だし、
顔も名前も書かなくていいから本音が書かれる場合が多いんだよ。」
「…そんなもんなの?」
「そうそう。この結果からみても、世の男達はダイエットブームを嘆いているってことさ。」
「えー…。」


腑に落ちないような顔のまま、美保は操作を続けている。
機嫌を伺いつつも自分の気持ちを察してもらおうと浩二は懸命に話を続けた。
せめてこれ以上、骨と皮だけの彼女にならないように祈りながら。


「…ちょっと、浩二。」
「ん?なんだ?」
「これは何?
 抱きたい女はどっち。ふわふわ可愛い系キュートVSシャープでスタイリッシュ系クール。」
「うあああああああああ!」


アカウントを記憶させておいた彼のマイページが、美保の機嫌を悪化させた。






-------------------------------------------------
この小説は、以下のWebサイトを元に作成しました。

どっち派?

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

どっち?

ダイエットでも子育てでも、
雑誌や情報をうのみにしている人が多くて、
怖いですね。

細すぎても、ねえ。
というのは、太め人間のひがみでしょうか(笑)。

軽いタッチで、ノリがよい作品だと思います。
はたして浩二さん、
ふわかわ系とクールと、どっちに投票されたんでしょ?
アカウントはこまめに消しましょうね~☆

>かみたか さち さんへ

コメントありがとうございます。

情報氾濫の今、鵜呑みにせずに判断する力ってとても大事になってきてますね。
けれど判断するにも知識や情報が必要になってくるという、ジレンマ。
最後は、好みや直感という感覚的な判断に頼らざるを得ない気がします。

アカウントをブラウザに記憶させているととても楽なんですが、こういう時にゾッとしますね(苦笑)
あと、検索が記憶されていて過去にどんな文字で検索したのかがバレるとか…。
ほんと気をつけましょう。

ありがとうございました。

No title

初めまして~(^^*


スラスラ読めるし
無駄がないので面白いです
オチもありますし(笑)


このような短編小説が好きですので
このほかにもっと
読みたいと思っております

執筆、頑張ってくださいね(^^*

No title

果樹園に遊びに来てくださって、 ありがとう!

愉快な記事を拝読させて頂きました。
ファッションの似合うスタイルを取るか 現実を取るか難しい選択ですね。
最近はファッションやスタイルは直接関係無い生活や職業のお嬢さんが、職業上こだわらなくてはならない人たちのスタイルの真似をする事が多いですね。

憧れと本能は違う現れ方をしますね。女性は憧れ!男性は本能!でしょうか?

>sun さんへ

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

短編小説、お好きな方に読んでもらえて光栄です。
まだまだ未熟者ですがマイペースに頑張りたいと思ってます。
少しでも読んでもらえる作品を作りたいです。

ありがとうございました。

>果樹園の昼寝・ROMI さんへ

こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。
コメントまでしていただけて嬉しいです。

最近の行き過ぎたファッションやメイクには驚かされるものばかりです。
コスプレ色が強いというか、特殊メイクのような印象すらあります。
その反面、AKB48のようなナチュラルな女の子達が人気になる。
そこらへんに、男女の意識の違いが見えるような気がしますね。

個性の時代とはいえ、健康の上に成り立つ流行なら安心なのですが・・・。


ありがとうございました。

No title

はじめまして。
ついついボーダーを
訪問して頂いてありがとうございます!


心が温かくなる短編小説で
朝から幸せな気分になりました!

私は常に「あと2kg痩せたい」とか「もっと太もも細くしたい」とか言っています(笑)

短編小説
少しずつ、楽しみながら読んでいきたいと思いました。






はじめまして

おもしろくすらすらと読めました!
ガリガリよりはぽっちゃり気味の方がいいってことを
わかっていない女性多いですよね(笑)

小説ブログ始めました。
よかったらアドバイスください。

>主婦ネコ さんへ

はじめまして。
こちらこそ、コメントしてくれてありがとうございます。
返答が遅れて申し訳ありませんでした(^^;)

痩せたいという願いは、女性なら誰しも持つ気持ちですね。
けれど男性はそれほど望んでないという現状があります。
不思議な世の中ですよね。

更新が著しく停滞しておりますが、
気長に読んでいただければ幸いです。

ありがとうございました。

>書くぞう さんへ

コメントありがとうございます。

昔はぽっちゃり体形が理想的とされた時代もあったのですが、
現代は本当に悲しいほどにガリガリが流行しておりますね。
それに最近は、みんな同じ顔に見えるようなメイクばかり。
個性を叫ばれる時代に、皆同じになっていく不思議な世の中です。

この小説を読んで、洗脳されている女性が一人でも減ればと思ったりします。

小説ブログ、始められたのですね。書くとなると意外と大変なこともあるでしょう。
私も日々、精進せねばならないと分かっているのですが更新が停滞しております(--;)
気負わずに、マイペースに続けていきましょう。

お互いに頑張りましょうね。
ありがとうございました。

>甲賀民 さんへ

リンクのご報告ありがとうございます。

時代小説を書いてらっしゃるのですね。
自分の想像力だけでなく、歴史的事実を交えての小説は難易度が高いのであこがれます。
私もいつか挑戦したいなぁとは思うのですが、まずは勉強からですね(^^;)
応援しております。これからも頑張ってください。

こちらでもリンクを張らせていただきました。
お互いに無理せず頑張りましょうね。

ありがとうございました。

No title

はじめまして。
『三流自作小説劇場』のヒロハルと申します。
ご訪問ありがとうございました。

私は断然、ポッチャリが好きです。

世の女性はどうして、ああも痩せることにこだわっているのかが
わかりません。
そういう人ほどそれほど太っていなかったりしますしね。

また遊びに来ます。
こちらにも是非お越し下さい。

>ヒロハル さんへ

はじめまして。
こちらこそ、コメントありがとうございます。

やはり男性はぽっちゃり好きが多いですね。
きっと普通体形ってことでのぽっちゃりかと思います。
今の女性は痩せすぎですもんねぇ(^^;)

小説内でもありますが、洗脳的な問題があると思います。
メディアが痩せた女性をプッシュし続ける限り、
情報源の少ない若い女性は痩せ願望を持ち続ける気がしますね。
恐ろしいことです。

小説、お互いに頑張りましょうね。
ありがとうございました。
プロフィール

帚木56

Author:帚木56
小説家を夢見てるだけの人。
Web小説の読み書きが趣味。

最新記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
最新トラックバック
リンク
登録サイト一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。